酔った勢いで言わせて。

思ったことを徒然と。正しいと思うことをつぶやきます。

円盤を買わなければファンではないのか?

こんなツイートからこんな流れを見かけた。

 

「円盤を買わなければファンではない」

「円盤を買わなければ顧客ではない」と言うのは間違っている。

 

視聴している時点でCMの価値を上げているから顧客であることは間違いない。

円盤の購入っていうものは、毎週来るがコーヒー1杯しか頼まない客に、

どうやってランチやディナーを頼ませるかっていう、【店側の】問題だ。

 

昨今のアニメ業界や信者層は、

「視聴層」を「ファン」や「顧客」だと認識しないのだろうか。

私にはこれがまるで、

「あの客は単価が低いから客だと思ってない」と言っている店員の様に感じる。

客が単価や原価率の低いものを頼まないのは、商品の価値が価格より低いからだ。

 

円盤が売りたいなら円盤が売れる作品を作ればいい。

結局時間を支払って視聴して費やす程度の価値はあるが、

数千円と収納スペースを支払って家に置く価値が無いというだけだ。

100円なら買うけど1000円なら買わないっていう、

既存購買層をファンや顧客として認識しないのは馬鹿げている。

 

「2期が見たければ円盤買え論」についれ。

「作品は好きだけど円盤購入する気が無い人に対して、2期視聴の為に円盤購入しろ」

ってのは、2期の為の投機行為にしかなり得ない。

「不確実だが当たれば利益の大きい事をねらってするギャンブルに近しい行為」だ。

これをやらなきゃファンじゃないなんて馬鹿げていると思わんか。

 

例えば私は次の作家誕生の為に投機感覚でジャンプは毎週正規に購入し、

円盤も値段に見合うと思う作品や、

投機してでも2期が見たいと思う作品は購入しているが、

それをやらない層を下に見るのは愚かというか、

そこを起点にマウントしたいだけなのでは?。

むしろその層のおかげで成り立ってるってことを忘れてはいないか?

そもそも円盤非購買層のおかげでTVからの依頼があるということだ。

 

視聴があるからスポンサーが付く、だから局から依頼が来る、だからアニメが作れる。

副産物で円盤も作れる。TVアニメの本来の収益ルートはこれだろう?

副産収益が低いと立ち行かないならビジネスモデルを変えるべきだし、

 

それをメインに売りたいなら自己投資して配信せずに円盤作って売るべきだ。

 

そういったことを全部客側へすり替えて、

ファンが円盤買わないのが悪い、円盤買わない奴はニワカ。

みたいな方向にもっていくのは余りにも盲目ではないか?

好きな作品の2期が出ない事は悔しいかもしれないが、

それは周りのファンへ向けるべきじゃなくて、制作会社へ向けるべきだろう。

 

まぁもちろん?最近のちゃんと売れている作品は、

円盤の為だけに作られたコンテンツを組み込んでいて、

配信では得られないコンテンツにしたりと努力しているわけで。

円盤が売れないのを円盤を買わない視聴層のせいにするのはすり替えでしかないわな。

 

私なんかは好きな作品だとサントラまで買っちゃったりするけどなw

 

コードギアス 反逆のルルーシュ 5.1ch Blu-ray BOX (特装限定版)

コードギアス 反逆のルルーシュ 5.1ch Blu-ray BOX (特装限定版)

 
昭和元禄落語心中 一(Blu-ray数量限定生産版)

昭和元禄落語心中 一(Blu-ray数量限定生産版)

 
この素晴らしい世界に祝福を!  第1巻 限定版 [DVD]

この素晴らしい世界に祝福を! 第1巻 限定版 [DVD]

 
テレビアニメ『ぼくらの』DVD Vol.1

テレビアニメ『ぼくらの』DVD Vol.1

 

このへんは私がDVD買う価値があると思うシリーズ。

アニメの好みはそれぞれなんだし、買いたい人が買いたいものを買えばいいだろう。

売ってる全部買わないとその店のファンを名乗っちゃいけないってのは幼稚。

ファンっていうのは金をいくら使ったかどうかではなく、

日経新聞のセリフをかりるならば、

最初、「なんとなくその人を観ていると嬉しい」というところから始まり

「その人が活躍したり、いい成績を出したりすると嬉しい」という段階を経て、

「もう、ただ、その人が幸せそうなら、活躍とか成績とかどうでもよくなる」という境地に達するものだと思う。

そして、最後は「ただ、その人がこの世の中に生きているというだけで、なんだか嬉しい」となっていく。

 

 そんな感情を持ってる人たちは、みんなその作品のファンでいいじゃねーか。