酔った勢いで言わせて。

思ったことを徒然と。正しいと思うことをつぶやきます。

自分の得意武器がわかっているなら使わない手はない。

E-sportsと言えども、ゲームは所詮ゲーム。

プロになる道を選択しないなら、上手くてもただゲームが上手いだけ。

運動と違って健康も美容も得られない。

スポンサーが付くプレイヤーは別格、プレイ技術だけではない。

スポンサーが付かない人はどんなに上手くてもただのゲームオタク。

 

残念だけど社会の現状はこれで、

寧ろプロですら奇異の眼差しを向けられる。

ゲームが上手かろうと大したものは何も得られない。

でもどーせやるなら、

ゲームで人生の利益を得て欲しい、

ゲームから学び取って人生の利益につなげて欲しい。

 

特にLOLなどでダイヤモンド以上~チャレンジャークラスの人には、

「まだ野良で消耗してるの?」と問いかけたい。

人生の貴重な時間と自分の才能を浪費していることに気付くべきだ。

彼らは他の分野で競技人口の0.01%に入れるのか?

私は無理だと思う。だったらその才能を活かした方が得だと思う。

要はチャレマスレベルの人は概ねみんなプロめざした方が得だろうってこと。

そこまで他人より突出した能力を得られる舞台なんて早々巡り合えないんだし、

そのまま埋もれてしまったら何も得られずに社会の底辺で終わってしまいますよ。 

デジタルゲームの教科書 知っておくべきゲーム業界最新トレンド

デジタルゲームの教科書 知っておくべきゲーム業界最新トレンド

 

ま、余計なお世話ですけどね。

仕事にしたって、年収にしたって、

上位0.1%に入ることは容易じゃないからね。

得意な武器がわかってるならそれで勝負したほうが得やんね。