読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔った勢いで言わせて。

思ったことを徒然と。正しいと思うことをつぶやきます。

保育園落ちたの私だ!保育園が増えない理由。

保育士の給与の低さが問題なんじゃなくて、

保育園に対する補助金の少なさが問題なんだよ。

保育園には園児に対する保育士の数が定められていて、

保育園の支出の80%前後が人件費なんだぞ。

 

あと実際に不足しているのは0.1.2歳児がメイン。

途中で転園すること前提な利用者を身勝手と言うのは可哀想かもしれないが、

そういう人が多いから園が増えないという側面もある。

 

どちらにしろ園側の負担も相当なもので、

それを解消するためには十分な補助金が国から出されなければならない。

 

少子化を叫んで、育児への補助金を削る。

やっていることはめちゃくちゃだ。

 

めちゃくちゃって言うのは実は嘘だ。実は理にかなっている。

国からの補助金を決めるのは政治家だ。

彼らは仕事を続けるためには票が必要だ。l

 

多くの票を得るためには、

少子化を「叫ぶだけ叫ぶ」】

育児支援を「叫ぶだけ叫ぶ」】うわべの金をばら撒いてごまかす。

そして、多く票を持っている老人や企業へ大きな金を回す。

 

政治家は彼ら政治家の自己利益の為に行動するのだから当然だ。

保育園に落ちた貴方は、デモをするより、

周りの人間に選挙参加、投票を促す方が効果的だろう。

 

育児者の投票率が高くなれば、育児への補助金が必ず増えますよ。