読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔った勢いで言わせて。

思ったことを徒然と。正しいと思うことをつぶやきます。

入れ墨に対する悪印象は差別・偏見なのか?

社会問題 自己啓発系

れ墨は日本において違法だった歴史があるし、

犯罪者への懲罰としてのものでもあったから、

入れ墨=犯罪者という印象は根深いのである。

 

現在でも医師免許を持たない違法彫師が殆どで、

入れ墨のほとんどが非合法な物であるため、印象の改善には時間がかかるだろう。

無我夢中―落書きか、入れ墨か、アートか

無我夢中―落書きか、入れ墨か、アートか

 

実際問題、理論的に考えたとしても、

そんな印象を人に与えるとわかっていながら入れ墨を行う人間は、

【カッコよさやファッションの為なら他人にどう思われようとかまわない。】

ということで、どこか社会不適合な素質を抱えていると思われても仕方ない。

偏見ではなく妥当な推察といえるだろう。

 

生物としてのイケメン遺伝子の定義はないはずだけど、

社会一般からみて現状で好意の対象になり易い顔面を持つ遺伝子は、

次世代のも好意の対象になりえる確率が高いから好まれるのであって、

要は現状で社会から好まれているかどうかが、

その存在の価値を決め手になっているわけですね。

 

だから入れ墨も同様でしょう。差別とか偏見とかじゃなくて、

【今現在日本社会に嫌われているような行為を、わざわざやる人間。】

そういう人間の事を世間はだいたい嫌いなだけで、これはもう偏見ではない。

 

卵が先か鶏が先かみたいな話だけどね。

まぁそれが歴史であり文化だからね。

世界はじめて物語―卵が先か、ニワトリが先か (ワニ文庫)

世界はじめて物語―卵が先か、ニワトリが先か (ワニ文庫)

 

まぁ【今現在日本社会に嫌われているような行為を、わざわざやる人間。】

にならない様に、避け続けてしまうと、それはそれでまた弊害もあるんだが。

 

だから別に【入れ墨を認めろ!】って主張は私は構わないと思うんだ。

新しい文化を形成しよう!って話だからね。

だけどそこに現状の嫌悪感に対して

【差別】だとか【偏見】だとかって言葉を使うのは卑怯だと思うんですよ。 

 

逆に、やっぱり入れ墨をする人は「理解してくれ!」って叫ぶよりも、

俺は入れ墨が大好きだからやっているんだ、装飾なんだ。と自信をもって、

入れ墨の人全員が、自分の行動が他人の模範になるように心がければ、

世の中はゆっくりと「入れ墨している人はいい人」って変わっていくと思うけどね。

 

結局自分は何の努力もしないで、やりたいことはやるけど、

理解してくれってのは虫が良すぎるんだろうな。

【入れ墨の地位を向上させる会】とか作ってゴミ拾いとかするしかないんだよ。

やっぱり。

結局システムを壊したり、逸脱しようって時には、

そのシステムの中にいる人たちよりも苦労するしかないと思う。

 

【入れ墨をすれば老後まで安心できる仕事が手に入る】

ってところまで入れ墨を愛する人たちが作っていかなきゃいかんよ。

口先だけでおかしいおかしい、理解しろしろって言っても無理よ。

【海外に比べて日本では著しく地位の低い事】なんて、

入れ墨に限らたっくさんあるからね。

それこそプロゲーマーだったり、女性だったり、薬剤師だったり、

嘆いて認め【られる】なんてことは大概無理よ。

結局は成果を出して社会に認め【させる】しかないんだよ。

京都大学講義「偏見・差別・人権」を問い直す

京都大学講義「偏見・差別・人権」を問い直す

  • 作者: 竹本修三,駒込武
  • 出版社/メーカー: 京都大学学術出版会
  • 発売日: 2007/10
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 4回
  • この商品を含むブログを見る